prairiestreetの日記

人間到る処青山あり

副作用にまつわる話

コロナワクチンの職域接種が始まった。

遅すぎる感もあるが始まること自体は歓迎。

打つことの良し悪しはともかく、打つ打たないという選択肢があることはいいと思う。

 

自治体での接種も含めて従業員の中でも打つ人が増えてきた。

そこで問題になるのが、やはり副作用である。

腕が腫れるとはよく言われているが、高熱が出る、全身だるい、物に触れるだけで腕がしびれる、などなど。

 

接種した翌日は休みを取ることを会社は推奨しているのだが、人によってはあらかじめ2日休みを申請してる人もいる。もちろん休暇の事前申請の話でもあるので何も悪くない。

ただ、日程を管理する側から見ると接種の翌々日に出勤予定だったが休みたいと連絡をしてくる人も一定の割合でいる。主観的に見て接種にかこつけてサボる奴がいる気もする。

 

そんな中で受けた相談。

50代で、接種の翌日になって熱が下がらず全身だるくて動けないから明日休みたい、と連絡をしてきた人。

 

数日後30代で38度出たから明日休みたい、と連絡あり。

休みの連絡電話を受けた人は同じ人で、50代の人はその連絡を横で聞いていたのだが…

電話受けた人は「またこの連絡かよ、どいつもこいつも接種した後なら休めると思っているんじゃねーのか、どうせ」的な発言をしたらしい。それが自分にも聞こえる声で言われたから「俺へのあてつけか?」と思って不満が消えなかったとのこと。

そして、「実際これまで数年に渡って休みの度に調整をしてきたから彼の気持ちはわかるが、電話の窓口の人がそう思っていることが相手や現場に伝わると簡単にへそを曲げる奴が出てきても仕方ない。こんなことは責任者に言うようなことでもないし、俺も迷惑をかけているから騒ぎ立てるつもりもないけど、(俺)さんだけには伝えておきたかった。」

 

このことは非常に学ばせてもらったと思っている。

ともすれば受け手の人と同じように考えてしまう自分に対して言い聞かせてもらえたようで感謝しかない。上の立場になってもこういうところはを忘れてくれるな、と。

 

自分はどうするかというと…

・いつ休むことになっても「あいつが休むなら仕方ないだろう」と思われるように仕事に向かう。

・特にワクチンなんて明日は我が身でもある。思い知ったか、なんて思われることのないよう普段から言動に気をつける。

 

こんなところかな。

坂井泉水よりも長く

大好きだったZARD

亡くなってからもう14年…

坂井泉水は享年40歳。

 

もう少しで、彼女の年齢を超える。

この先何が待っているのか。

 

歳をとることは楽しみなこと。

素直にそう思える事を忘れずに。

 

負けないで

負けないで

  • アーティスト:ZARD
  • ビーグラム
Amazon

 

負けないで

負けないで



ブックオフの利用

部屋の整理をしていて、本当にがっかりするのは一度も読まれなかった本がたくさんあるな、ということ。特に英語やパソコンの勉強関係は今回ひどかった。

 

沖縄に来てそれが顕著になった気がするが、理由はわかっている。

読みたいと思ってポチった本が届くのに一週間も経つせいで、すっかり熱が冷めてしまっていることにある。もう、これしかない。

フィジカルとしての本は那覇に行けばジュンク堂があるし、メインプレイス、ライカムやパルコにもそれなりの本屋はあるにはある。

ところが、少しマイナーだったりすると全く欲しい本がない。そこでAmazonを使うのだが、いかんせん離島のせいで一週間近くかかるともはや衝動買いレベルで気になった本は読む気にさえならない。

 

これを機に生活パターンを変えることにする。

本屋で買ってすぐに近くで読み始められる状況でないのならフィジカルの本は買わない。全てKindleにする。図解説など見開きのものでも、まずはKindleで買って、それでも欲しければアマゾンで買う。二重買いはもったいないと考えるより、積ん読のまま売られる方がよほどもったいないと今回痛感した。ほぼ新品でも、大した値段がつくわけでもないし。

 

とにかく、買ったらすぐ読み始める。

当たり前のことなんだけど、再確認。

 

f:id:prairiestreet:20210816122153j:image

WANDSの、たぶんブックオフで108円(当時)で買ったCDが400円になったのは少し笑った。

レシート見てると、やはりPC、プログラミング関係は100円以上はついている。AI関係は50円以下なのに。

ベストセラーになったビジネス書(SHOE DOGや転職の思考など)もほぼ250円。

あと、堀江貴文中田敦彦などは古いものでも数十円にはなっている。

CDは1円じゃないってことは、ツタヤやゲオでレンタルCDがなくなっていって、逆にブックオフで買う人が増えた、とかかな。正直全て10円以下だと思っていた。

 

沖縄にいることで、関東にいた頃よりも昔からの習慣を考えるようになるのはいいことだと考えて今日からやっていくことにした。

 

 

今回売った本の中ではこれが一番楽しかった。

Kindleでも購入済み。

 

卒業

おかしい。

 

 

 

 

いや、ほんとはどこかでこの時が来るのを待ち望んでいたのかもしれない。

 

戦国無双5がおもしろくない。

正確に言うと、やり込む気にならない。

 

前作の戦国無双4も4-2も200時間以上やってる。もちろんトロコン済み。

真田丸は70時間くらいだがトロコン済み。

今回の5。一新されたコンセプトは受け入れるし、キャラや声優にも特に文句はない。唯一懸念していたみつきも、話の流れで設定を知ると、なるほど受け入れるのは簡単だった。

 

つまらないのは堅城演舞。

これをやり込む気にならない。

それはトロコンできないことを意味する。

(おそらく、Switchプレイヤーをメインにして考えたと思われる)

 

以前ならトロコンのために必死になった。真・ガンダム無双武者ガンダムたちを倒すのに30分くらいかけて最後のトロフィー取ったときは達成感…など微塵もなく、ただただぐったりした。

 

 

今やってみたいことはある。

そっちに進めということ、と考えるようにする。

沖縄にいるのも、早ければもうあと半年を切っている。

社内での立ち位置と考え方が変わり、我ながら少し成長を感じることができる。

だがしかし、会社を一歩出たら何も変わっていない。

もちろん、少なくともあと2年は沖縄にいたい。ここの生活は最高だ。

 

次やろうとしていることがうまく行かなかったら…

そんときには、その時点で出ている○○無双を全部買って順番にやりこんでいけばいいだろう。まずは三國8エンパか。幕末を舞台にした仁王3なんか出てたら楽しみでしかない。

その時は、リハビリを兼ねて今回の戦国5からまたやるとするか。

 

レビューはボロクソだが、決して悪いものではない。

みんなが怒る、リストラされた幸村や三成など人気キャラは戦国無双6で出るであろうことは想像できる。4で完成された戦国無双をイチから作るなら…信長の野望シリーズを作る会社が信長をメインにするというのは自然な流れだ。

 

 こっちは割と冷静なレビューが並ぶが、いかんせん数が少ないのが気になる。

 

東京オリンピック開幕

どうせ始まればみんな話題にするだろう。

終わってみれば良かったというだろう。

自分の一生をかけてこの大舞台に臨んでいる選手には感動させられるに決まっている。

 

「二度目の東京オリンピックは、古き良き日本から前へ進むためのものにしたい」(かなり主観の意訳)

5年以上前にそんな本を見ていていくつかはそうなってほしいとも思っていた。

 

組織委員会内部の人間の過去が暴かれ、前日、当日になっても開催の是非を問われる。

たぶんだけど、新国立競技場のデザイン変更とエンブレム盗用疑惑の騒ぎの時点で「なんかヤバくね?」って感じてた人たちを、5年以上かけても結局変えられなかったんじゃないかな。

少なくともオリンピック開催が今の日本の空気を変えるとはお世辞にも言えない。

しかたないよ。2013年の時点から8年後にここまで世界が変わるとは誰も想像できなかったんじゃないかな。

新型コロナがなくて2020年に開催されていたら、悪い意味で成功して日本は国として昭和で止まってしまい先進国で先陣切って凋落の道を転げ落ちていく…よりは良かった、となるかもしれない。

 

今回の東京を反面教師にして、パリ、ロサンゼルス、ブリスベンではその時点でのベストを見せてくれることを願うよ。

 

 今読んだらまた違う感想持ちそう。

時間よ止まれ

f:id:prairiestreet:20210511162953j:image

6年以上使ってきたお気に入りの時計が、ついにダメになるかもしれない…

おしゃれな上に何気に頑丈で目立つ傷もなくここまで来たけどね。

 

こういうのって、何かの暗示、変化の兆しかも…と思ってしまう。

 

そしてその予感は、

数日後に最悪の形で的中する事を、

この時は知る由もなかった…

 

 

ラストキッス

ラストキッス

くっ…ほんとはこのカップリングの「時間よ止まれ」を添付したかったのに…

♪根性ねえ奴ぁ オサラバ

本当にどうでもいい話なんだけど、少し前から係長→課長代理に。

名ばかりだから本当にどうでもいいんだけど、いわゆる「役職が人を作る」的なできごとがあった。

 

・沖縄に来てお世話になった人から最近避けられている。指示は聞いてくれるが、ぶすっとしたまま雰囲気を悪くしている(話しかけるなオーラ的なもの)

・割と親しい関係で一緒にやってきた人から、明らかに勘違いとはいえ電話越しに詰問された。

 

以前の私ならば、

・誤解を解こうと奔走する

・公私ともに大きく凹んでいる

・顔を合わせたり名前を見るだけでも嫌な気分になる

 

こんなところだろうか。

 

でも、今は違う。今は、放っておく。

来たときにいつでもウエルカムできるよう、放っておく。

 

少し前に同期に足を引っ張られる記事を書いた。

またか、という気分。

 

 

もう仕事において、自分の感情なんてものはどうでもいいのではないかとさえ思う。

今のところは、上に立つ人たちの意見、考え方、会社の方向性に完全に賛同できる。なら、その人達と同じ方向を向き、自分にできるやり方で協力していく。

 

そう考えだしてからというもの、精神的に少しはタフになれたと思えるようになってきた。会社の目的のことを第一に考えているから部下が騒いでも毅然とした態度でいられる。自分の言動の真意を聞かれても即座に意図が回答できる。

 

大丈夫、たとえ仕事で部下を敵に回しても殺されることはない。

この会社で起こること、終わってみればすべてがギャグ。

 

足を引っ張る、文句をいう。とにかく反論、反対。

そんなものは放っておけばいい。自分に何ができるか、それだけを考えていれば良い。

 

 

↓少し前に別の人を対象とした、この記事にあたっての具体的なプランを書いたもの

 

 いや、これほんと、なんで桑田佳祐がこんな歌作れるの?ってくらいサラリーマンの身に染みる歌。

 

 

 クロマティ高校よりもこっちのほうが長く読んでいる。