prairiestreetの日記

やりたいことやります

うつヌケ

Amazonほしい物リストって、みんなどれくらいあるんだろう。

俺は常に100個前後ある。

そのほとんどが、本。

 

Kindleなら◯◯円安くなった、とかはあるけど、書籍は基本的に値段は変わらない。

そうなんだけど、昔に遡ってリストを見ていても、購入するのはやっぱり本が多い。

(ちなみに一番古いものは松任谷由実キリンジ畠山美由紀(ハナレグミ)の「真冬物語」のCD。定価で販売されずいつも中古で数千円してるシングル)

 

 

今日はそんな中買った本。

Kindleだと406円だった。これが今日だけなのか期間的なものなのか知らない。

ただ、リストに入れてた本がたまたま安くなっていて、たまたま読んでみたいと思ったから購入した。(普段は安くなってもそれが理由で購入はしない)

 

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

うつ病を患った作者がどうやってうつのトンネルを抜け出したか。

また、同じ境遇の人に取材をしてどうやって抜け出したのか。

表紙のとおり、やさしいタッチでのマンガ本。 しかもオールカラー。

 

発売当初から存在は知っていたけど、なんとなく買わずにいた本。

うつと判断された自分を振り返りたくなかった気持ちもある。

 

だけど、(実は今日も)たまに来る「うつリターン」。

うつは心の病。それは何度も聞いて、何度聞いてもしっくりこなかった。

うつは心のガン。風邪みたいに無理してなんとかなるものじゃなく、絶対療養。

 

なぜうつになるのか。

→自分を嫌いになるから。

例:「私さえこの場から消えればいいんだ」を、他人に対して「あなたさえこの場から消えればいいんだ」と言った瞬間に人間関係が破綻する。他人を傷つけるのはダメで自分はOK、なんてありえない。

 

こんな感じで、いくつかの取材が最後にまとめられる形で本は終わる。

読みやすい。人によってさまざま、という先入観を持ってしまうテーマだけに大きくでもまとめられるのはありがたい。

 

 

 

本当は家でやらなきゃいけない仕事あったけど嫌だから無双やろう、と思っていたのに無双すらやらずにとりあえず軽く昼寝してAmazonを見ていたら…

即購入、即読了、そして即ブログ書く、そんな流れ。

夜勤明けで、帰ってきてからもまさか今日このマンガを読んでいるとは思いもしなかった。

 

少し、気が楽になった。

そして、未来の「うつリターン」の対策を考えるという意味で未来が少し明るくなった。

そんな読後感。読んでよかった。

EAFF E-1サッカー選手権 なでしこジャパン

今日でなでしこジャパンの3試合が終わった。

宇津木(シアトル・レイン所属)はいたが、基本的には国内なでしこリーグに所属する選手での構成チーム。底上げを図るという意味で男子と変わらないコンセプトだね。

 

結果は、2勝1敗の2位。優勝した北朝鮮は3連覇。

特に北朝鮮戦は終始圧倒された感じだった。点が入る気がしなかった。

 

来年ワールドカップ予選を兼ねたアジアカップがあるけど、その先の予選通過すら怪しい。リオ五輪に続いて今回も予選敗退となったらいよいよ女子サッカーは見向きもされなくなりそう…(自分の子供にはフィギュアや卓球をやらせたい親が増えていきそう)

 

中国戦は見ていないけど。

自分がなんとかしてやる、って選手がいなかった。
相変わらずまとまってはいるが、チームとしてどんどん小さくなっていってる気がする。

残念だが、監督の力不足が一番大きいのではないか。

なんともいえない中途半端なチームになっている。

岩渕、田中、菅澤と特徴を活かす戦術を組んでほしい。
岩渕が自陣の最終ラインまで相手を追いかけるようじゃダメだ。

 

ベストメンバー組むとしたら、ケガで離脱した長谷川と、あとは呼ばれてない熊谷と横山と山根くらいか。

 

ざっと今年の試合見たけど、熊谷がいるといないで失点数が全く違うね。

soccer.yahoo.co.jp

 

ワールドカップ優勝した時、熊谷を見て「あと10年日本はセンターバックに困らないわ」なんて思ったが、気づけばもうあと3年半。マジでやばいよ、この状況。

U-20で3位に入った時の高木…はいたけど村松や土光はどうしたんだろ。土光は近い将来岩清水みたいになると思ってたんだけどなぁ。

 

なでしこリーグのダイジェストを見ても悪い意味で毎回ヒーローが変わってるしなぁ。昔は大野と荒川しか見なかった気がするのに(笑)。

 

澤の現場復帰と、川澄、大儀見の帰国とかなんないかなぁ。

あとヤネズみたいなインパクトのある外国人助っ人。韓国の10番もいいけどすでに見た目から騒がれているのが不安。

 

もちろん女子サッカー応援します。

少なくとも熊谷に夢を見させてもらっているうちは。

(なでしこリーグにもセンターバックを売りにする選手やチームが出てきてくれたらいいのになぁ)

B’z DINOSAUR

f:id:prairiestreet:20171207195607j:image

 

まず、音楽に関する事は文句無しで☆5です。
1枚通しての流れがよく一気に聴け、アルバムとしてよくまとまっています。
ライブの方は言うまでもありません。B'zのライブは最高です。

 

 

問題はジャケット、歌詞カードとタイアップです。
ダイナソーというタイトルに音楽は合っているのですが、ご覧の通りベタな殺人事件の現場かのような字体が全く合っていません。

f:id:prairiestreet:20171207195717j:image


今でも歌詞カードを見ながら音楽を聴く私のような者にとっては非常に気になります。
字面のインパクトがピンクで無駄に強いので余計に。ってかなんでピンク主体にしてるのこれ。

それと、私は無双シリーズのゲームが好きです(簡単に言うと1人で何千人もの敵を倒していくアクションゲームです)
2.CHAMP(セブンイレブンCM)
12.King Of The Street(三國無双8テーマソング)
どう考えてもタイトルからしてタイアップが逆ですよ!!!

なぜ「CHAMP」を三國無双にしなかったの? これをゲーム内のエンディングで聴きたかったよ。
「King Of The Street」なんて正にセブンイレブンにピッタリじゃん。

というわけで、ジャケットや歌詞カードも作品の一部ということで☆-1にしました。
繰り返しますが、音楽の部分は文句なしにかっこいいですよ!

 

 

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

 

 

 

Jリーグもおもしろい試合あるよ

J1 第30節

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

 

結果は3-2でマリノスの勝ち。

リーグ戦では2012年以来?の対鹿島戦勝利、らしい。

これでマリノスACL出場圏内の3位浮上。数字上は優勝の可能性もある。

一方鹿島は首位キープも2位川崎との勝ち点差は2。

 

久々におもしろい試合だったので興奮冷めやらぬまま流れを備忘録兼ねて書きたいと思った。結果は知ってて、後から見たんだけど、楽しめたのは久しぶり。

 

2分の伊藤が決めたCK、その前に喜田が大きくマルティノスにサイドチェンジのパスが良かった。

その喜田は、12分のアントラーズのCKで金崎に体を当てて競り勝てずともバランスを崩させた。

14分の植田のプレイは本当にいただけない。後ろで回すところで(雨だとしても)トラップミスを天野に奪われ失点。

2001年のサンドニの悲劇の中田とそれ以外、みたく雨で滑って相手に取られて失点とか。しかも、ウーゴや斎藤じゃなくて天野でしょ…ミスしたとしても、かわされちゃダメだ。これは、しょせんJリーグレベルのDFかなぁ、って思わずにはいられない。これを期に一気に成長してほしい。植田は今年に入って去年までの成長スピードが止まってしまってる気がする。

逆にマリノスはCKと相手のミスにつけこんで前半15分で2点リード。完全に鹿島のお株を奪う展開。

19分天野のパスミス、25分後ろで回そうとしたところ奪われて、いずれも鹿島にシュートを打たれるが枠外。

 

そして前半ロスタイム、マリノスは天野が倒れているのにプレーを止められず、CKになり山本脩斗に押し込まれ1点返される。その後ラストプレーで抜け出したバブンスキーのシュートは決めなきゃ、枠に飛ばさなきゃダメだよ。

それにしても山本脩斗は攻撃も守りもセットプレーも本当に素晴らしい。高いレベルで安定感を保てる選手がDFにいるとそのままチームの安定に直結する。

 

後半になるとレオシルバが本領発揮。ドリブル良しパス良し。守っては中央の広い範囲を1人でカバーしてしまうかのような存在感。圧巻。彼を見ていると今年の新潟が苦戦するのは残念ながら必定だったと思えてしまう。

 

そして20分、CKから植田のヘッドで同点に追いつく。やはりポテンシャルは計り知れないファイター。鹿島で成長できないなら、いっそのこと海外に行って武者修行してこい、とさえ思う。

 

一方マリノスは山中が持ち上がる回数が増える。彼は走るときの姿勢が良く、簡単に倒れず視界も保てる姿勢だから多少の雨を物ともしない推進力がある。

昨年まで貢献してくれた小林祐三もだけど、レイソルの若手には昔も今も本当にいい選手が多いんだなと痛感。

その山中が、中村充孝を抜き去った後に遠藤の見事なターンからの決勝ゴールが生まれた。

 

土居が倒されたところはよく見ると山中はボールに行っていた。主審の西村雄一は何かと話題に出るが、この1つでやっぱりすごいんだな、と唸らされた。マリノスサポの俺が完全にPKだと思ったくらいだった。

 

33分の金崎はらしくない。彼なら簡単に決められそうなボールに見えたが…

代表ウイークと出場停止で、少し間が開いたのがマリノスにとっては幸いしたかも。

 

逃げ切りを図るマリノス、40分に遠藤がペナルティエリア内で中途半端なプレイでダメ押しのチャンスを逃す。1対1なら植田に仕掛けなきゃダメ。仕掛けないならキープしないと。チームとしては1点を守る方向だけど、最前線に1人残るならそこは狙いに行ってもらわないと。

特にその後、扇原がドリブルでコーナーに向かっていく途中に体を使ってレアンドロにファウルさせFKを得てイエローも食らわせた、あれだよあれ。

 

ロスタイム、マリノスはまぁ時間の使い方が拙い拙い。結局ほとんど鹿島に攻められっぱなしだ。まぁ、栗原を入れてあったから植田上げてパワープレー仕掛けられても守れたからよかったけど。

 

 

 

とまあ、そんな感じで見応えのある試合だった。

少なくとも先日の日本代表のニュージーランド、ハイチ戦よりは見ごたえあった。

鹿島は強い。それを再確認した試合だった。

マリノスも伸びしろはある。ACL意地でも出て若い選手が経験をたくさん積んで強いチームにしてほしい。それができるメンバーであると思う。

久しぶりにまずいラーメンを食べた

f:id:prairiestreet:20171019234845p:image

 

さいたま市のはずれで、比較的立地の良いと思われるところにあるラーメン屋。

 

店構えは、黒メインでのシックな感じ。

 俺が入ろうとしたきっかけの店の外壁に書いてあった台詞、「馬でお越しの方はこの駐輪場へ」的な案内も、今となっては寒々しい以外の何物でもない。

 

注文したのはネギ味噌ラーメン、1.5玉。店のおすすめの、シールもあった。

 

注文を受けて1分かそこらで出てきた。

この段階で嫌な予感…

 

f:id:prairiestreet:20171019234905j:image

食べてみると、味噌はさっぱりあっさりサラサラ。ありえない。

麺は細く、なんかパサパサしてる。

ネギが辛いのか他の味付けが辛いのかよくわからない。

 

スープと麺とネギがバラバラで、とにかく違う料理を同時に食べてる気になる。

 

食べ終わってからも、腹は膨れただけで全く満たされない。

店を出て、本当に独り言をつぶやいたよ。「まずかったぁ〜」。880円とかボッタクリだよ、マジで。

 

これがまた、食べログで見ても、俺がいつも使うRettyってアプリで見ても評価高いのよ。

いったい誰がこんなのをうまいと思うのよ。これがうまいと思うなら、なんて狭い世界で生きているんだと可哀想にさえ思う。

 

 

あまり悪いことやマイナスになるようなことは書きたくないけど、今日日こんなまずいラーメン屋がまだあったか、って思った。正直、どこで食べてもラーメンは何かしらうまいだろう、と思っていたのに。

 

そうか、狭い世界で生きているのは俺の方か。

世の中知らないことだらけ、ってか。

 

 

Time Flies

Time Flies

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

 

感情に振り回されて37年以上

年をいくつ重ねても、感情に振り回され続けてしまう。

 

やらなきゃ行けない仕事があるのに、何もせず部屋を行ったり来たりするだけ。

 

本当に、それだけで2時間くらいかかった。

ディスプレイにやることはあるのに、ずっと見ているのに、よくそれで見えてないなというくらい画面を注視できず手も動かず。

 

ジムで走っても昼寝しても本を読んでもゲームしてもテレビ見ても映画見ても音楽聴いても…

昔好きだった事さえ、続けられない。

 

 

そう、続けられない。

 

継続。

それが、できない。

 

横になっても寝れない。

明日の仕事行きたくないなぁ。次の休みは10日後か。まだそんなにあるのか。

 

生きる事は辛いな

 

 

Fighting Spirit

Fighting Spirit

 

 

 

 

鮮烈のリュウがついに出た!!

ファミコン忍者龍剣伝というゲームがあった。

 

とにかく難しい、当たり判定が厳しいゲームで俺は全クリなんか不可能だった。

 

そして大人になって、すごくかっこいい音楽があることを知った。

 

 

鮮烈のリュウ

 

無双オロチ2Uで平清盛と対峙する時に流れた時は心が震えるかと思ったのだが。

原曲からすでに完成していて、オロチの方はアレンジがまた素晴らしいというものだった。

 

とにかく、これがiTunes Storeに出て、持ち歩いて聴けるというのが本当に嬉しい。

 

ありがとうコーエーテクモ

ありがとう忍者龍剣伝

ありがとう無双オロチ2U。

 

鮮烈のリュウ

鮮烈のリュウ

 

 

忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション

忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション